私たちは、電気・情報・通信工事を通して、安全と安心をご提供いたします。

感染症予防対策ガイドライン

 本ガイドラインは当社が請負工事現場に於ける新型コロナ感染予防対策として、
国土交通省 令和2年7月1日版ガイドラインに沿って改版致しました。
タカデン社員はもとより、パート ナーを含め本ガイドラインに則った行動を実施し、
感染予防に努めるようお願い致します。
1、マスク着用
・現場通勤時
・朝礼及びTBM-KY、打合せ時、作業中
・エレベータ内、トイレ内等の閉鎖した空間
2、手洗い・うがい・消毒
・現場入場時、作業前後の手洗い・アルコール消毒
・現場でのうがいは極力実施
・帰宅後の手洗い、うがい
3、体調管理
・現場入場時の体温測定。37度以上の場合には、帰宅する。
・体調が優れない場合には、お休みする。作業中なら帰宅する。
→以降、7項に従い行動する。
4、通勤
・人混みの多い交通機関を極力避ける。
・現場と自宅の直行直帰の推奨
5、3密を避ける
・朝礼、TBM-KY、打合せ等は、2m程度の距離を確保する。
 又、肩もみ等の接触を避け、内容効率化・時間短縮して実施する。
・休憩時間は分散化を図り、換気を良くする。
・作業員配置を考慮する。
6、感染症予防対策に伴う熱中症リスク軽減のための取組
・作業中は熱中症のリスクが高くなるため、現場責任者の指示に従い、
 マスクを外してもよい。
※休憩時は周囲の人と距離をとった上で適宜マスクを外す。
・空調機能が付いた作業服の着用
・のどが渇く前に水分補給(1日あたり1.2リットルを目安)
・大量に汗をかいた時は塩分補給(作業中は熱中飴などを携帯)
7、発熱時及び感染症状発生時の対応
・上司又は現場責任者へ報告、連絡をする。
・出勤を控えて自宅待機する。
・かかりつけ医に電話相談又は各保健所相談窓口へ連絡する。勝手な出社は禁止とする。
・回復後出社するタイミングは上司に相談する。
8、適用期間
2020年8月から
※特効薬やワクチンが安定的に供給されるまで取り組みを継続する。
Copyright (C) TAKADEN All Rights Reserved.